結婚式に招待する人数を決める

結婚式に招待する人数を決める

結婚式の会場が決まり、予算の目処が付いたら
いろいろな準備がスタートするわけですが、
一番頭を悩ますポイントがこれ。

「招待客の人数と割り振り」

です。

まず人数が決まらないと見積もりを立てる事も出来ませんから、
誰を招待するのかリストアップして人数を決めなくてはいけません。

そして、新郎新婦の招待客の人数は
同数程度にするのが一般的です。
例えば新婦側に親族が多い場合、
新婦側は友人知人を多めにといった具合ですね。

この調節が本当に難しいです。
親族が多いがために親しい友人に招待状を送れなかったりという状況も
ありえるわけですね。

逆に招待する人が少なすぎるというのも悩みどころ。
相手側の親族に招待する知人もいないのか
という印象を与えてしまうかもしれませんし・・・・

最近ではこういったケースのために結婚式のサクラの
アルバイトもあるようです。
友人代表の挨拶も頼めたりするそうですが、
正直それはちょっと虚しいような気が・・

話がそれましたが、次は席次についてです。
招待状の返事が返ってきてから決めるわけですが、
主賓・上司、先輩・友人、親戚、家族などに分けて
席を決めていきます。

なるべく気を使わずにくつろげるように、
年が近い人、知り合い同士を同じ円卓に座れるように
工夫しましょう。
 

    注目情報

  • 低価格である事と高品質である事を一番に考えてサービスを提供してくれるプロフィールビデオ製作会社を探しているなら、映像に納得いかない部分があった場合は何度でも無料で修正してくれるので、満足いく映像を作ることが出来てオススメです。

Copyright(C) 元ブライダルプランナーが語る!結婚式に必要なすべて All Rights Reserved.